飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

もっとフレンチを身近に感じてほしい!青山のフレンチ「レストラン ランス YANAGIDATE(ヤナギダテ)」、連日満席の理由とは?

“食事に合わせて”飲むシャンパーニュの提案。店内にあるカーヴには常時70~80種類の銘柄を取り揃える
温泉卵はシャンパーニュと相性の良い食材、「温泉卵とオマール海老、ホタテ貝、ウニ、キャビアのコンソメゼリー」
最後にお客様の前でロゼシャンパーニュをかけて提供する「いろいろなフルーツとフロマージュブランのブリュレグラタン」
フランスシャンパーニュ地方のランスにて研鑽を積んだ、柳舘 功(ヤナギダテ イサオ)シェフ

青山通りから少し入った一軒家、「レストラン ランス YANAGIDATE(ヤナギダテ)」。高級フレンチを提供する同店は連日満席の人気店である。訪れた人はシャンパーニュとフレンチ料理のマリアージュを楽しんでいる。昨今の景気の中、「レストラン ランス YANAGIDATE」が流行る理由を伺った。
オープンは1997年、新宿生まれ新宿育ちのシェフ、柳舘 功(ヤナギダテ イサオ)氏は、フランスのランス、ミシュラン三ツ星店「ボワイエ・レ・クレイエール」などで修行、帰国後は、表参道「ポワロー」の料理長を務め、その後、現在の「レストラン ランス YANAGIDATE」をオープンした。
青山という立地にフレンチレストランをオープンすることを決めたのは、初めて務めた店「ポワロー」が近く、青山のお洒落感に憧れもあったから。
「当時、人気の青山には空き物件はなく、この物件もやっとの思いで見つけました。ただ、まだ出店もしたことのなかった私には、すぐに貸していただけるはずもなく、一度は断られてしまいました。どうしても諦めることができず、大家さんの犬の散歩にご一緒したり、ポワローにも食べにきていただいたりしていたところ、しばらく経ってオーナーさんから直接電話をいただいて、貸していただけることになったのです」と柳舘氏。レストランの店名にもなっている、ランスはシャンパーニュ地方の中心都市。このランスでの修行中、柳舘氏は身近にシャンパンのある生活を経験した。
「クルーグのシャンパンなど飲む時のドキドキ感は忘れられません。この感覚を日本にも持っていきたいと思いました。オススメできるシャンパーニュを揃えた店を開きたいとの思いが、出店を後押ししました」と同氏。初期投資は約1億円かかったという。
店のコンセプトは、“食事に合わせて”飲む、シャンパーニュの提案。シャンパーニュとは、フランス、シャンパーニュ地方のスパークリングワインだけ。店内にあるカーヴには、常時70~80種類のシャンパーニュを取り揃えている。
料理構成は、ランチ3,700円、5,300円、7,500円。ディナー7,000円、9,000円、12,500円、16,000円(消費税含、別途サービス料10%)。メニューは、前菜「パンチェッタを巻いたホワイトアスパラガスのロースト温泉卵添え」、「温泉卵とオマール海老、ホタテ貝、ウニ、キャビアのコンソメゼリー」など。温泉卵は、シャンパーニュとも良く合う食材。肉料理は、鳥やウサギなどジビエや、「骨付き白金豚の背肉のじっくりローストセルバチコ添え」など日本のブランド豚などを揃えている。いずれもシャンパーニュとの相性を考えて構成する。デザートの「いろいろなフルーツとフロマージュブランのブリュレグラタン」は、最後に目の前でロゼシャンパーニュをかけていただく。
平日は女性マダム、土日はカップル、家族連れで賑わう。とは言っても、一昔前までは平日夜に接待で埋まっていたサラリーマン男性が減ったとのこと。「新しいお客様にもフレンチを味わってほしい」との気持ちから、11月にリクルートの「ポンパレ」に掲載をすることにしたそうだ。13,750円のコースを6,300円(いずれもサービス料込み)で販売し、702枚の購入があった。掲載後2カ月が経ち、半分くらいのチケット購入者はすでに訪問している。
今回、ポンパレに掲載し、新たな顧客開拓ができた。「ポンパレへの掲載以降、平日はおかげさまで連日満員です、良い意味で賑わっていますね」と柳舘氏。
ポンパレの層は、20代後半~30代のカップルや女性同士が多い。「ポンパレを通じて、グランメゾンに行くきっかけができた方も多いようです。フレンチ未経験の方にも、一度フレンチを食べていただけたら、そして、美味しいシャンパーニュと食事の“フランス文化”を楽しんで、“フレンチ人口”がもっと増えてくれたら嬉しいと思います」と同氏。
「レストラン ランス YANAGIDATE(ヤナギダテ)」の他にも、2002年には表参道「ル・カフェ・ベルトレ」、2004年に神谷町「ル・シャルボン」、2007年に新丸ビル「ル・レモア」、2008年に東京大学内「UTカフェ・ベルトレ・ルージュ」と展開してきた。今月2月28日には品川エキュートサウス「カフェ ベルトレ ルージュ」をオープン予定。エキナカ初出店の同店は、ヨーロッパのカフェをイメージし、短時間でも良質な時間が楽しめるよう、エスプレッソやヨーロッパ風サンドイッチを提供する。
「いくら美味しい料理があっても、知ってもらわなければ新しいお客様は増えない。そのきっかけとして、ポンパレはとても良かったと思います」と同氏。
ポンパレに掲載して、ホームページのアクセス数も15倍に伸びた。経営者としての戦略と、シェフとして美味しい料理の提供が、連日満席の人気店につながっているのだろう。

(取材=麻生 怜菜)

店舗データ

店名 レストラン ランス YANAGIDATE(ヤナギダテ)
住所 東京都港区北青山3-10-13
アクセス 地下鉄 表参道駅B2出口より徒歩3分
電話 03-3407-3538
営業時間 12:00-14:00 (L.O.)、18:00-21:00 (L.O.)
定休日 月曜
坪数客数 35坪
客単価 ランチ4500円~、ディナー9000円~
運営会社 有限会社 ランス
関連リンク レストラン ランス YANAGIDATE
関連リンク ポンパレ
関連リンク ポンパレ問い合わせ
関連ページ ポンパレ(記事)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.
Sitio web optimizado por: Diseño Web
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Plugin WordPress Maintenance