飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

ミュージックレストラン「アルテリーベ横浜本店」がリヨンのミシュラン2つ星レストラン「フィリップ・ゴヴロー」よりシェフを招き、6月4日~6日までの3日間、ガストロノミックフェアを開催!


西洋建築などが数多く残される異国情緒溢れる横浜にあっても、クラシカルな洋館の佇まいが印象的なミュージックレストラン「アルテリーベ横浜本店」。 店内はゼセッションと呼ばれる20世紀初頭のウィーンの芸術様式で統一され、非日常的な空間となっている。この特別な空間の中では、西洋料理とサービスが提供されるばかりでなく、BGMとなる音楽を本格的な生演奏で楽しむことができる。ディナータイムのムードを高めてくれるのは、ヨーロッパを中心に豪華客船などでの演奏経験を持つ、ルーマニアから来日している演奏家たち。生演奏を近くで聞くという非日常的な要素に加え、ある時はBGMのように、ある時にはショーのようにしっかり聞かせたりするなどして音楽に緩急をつけることで、料理を上手く引き立てるように考慮されている。こだわり抜いた調度品の美しさが心を華やかにし、おいしい料理と生演奏が加われば何ともいえない高揚感が味わえ、至福のひとときとなることは間違いないだろう。 「料理、サービス、音楽といったそれぞれの要素がバランスよく組み合わさり、相互にその価値を高めるような特別な空間であり、きっと楽しい時間を過ごせることでしょう。アルテリーベの歴史、料理と音楽が横浜の文化の発信元となり、また、お客様を幸せな気分にすることができたら本望です」と代表の日比生猛(ひびおたけし)氏。 今回は海外から音楽家を招いて生演奏を披露するスタイルはそのままに、横浜の姉妹都市であるリヨン郊外の5つ星ホテル「パヴィリヨン ドゥ ラ ロトンド」にある ミシュラン2つ星レストラン「フィリップ ゴヴロー」よりシェフのフィリップ ゴヴロー氏とシェフパティシエ、ダミアン ピシオネリ氏を招き、ガストロノミックフェアを開催する。心地よい音楽に包まれての晩餐で、リヨンのシェフが横浜に美食をお届けする。 日時: 2010年 6月4(金)、5(土)、6(日) 料金: ランチ特別コース 8,400円   ディナー特別コース 16,800円 (サービス料別) ミュージックチャージ  1,050円 (ディナータイム) ※フィリップ・ゴヴロー氏 1965年パリ郊外サン・クルー生まれ。 パリで5年間修業、ニースの「ル ネグレスコ」パリの「ルドワイヤン」などを経て93年から、リヨン郊外にある同店の前身であるホテル「ラ ロトンド」へ。 94年に1つ星、2000年に2つ星を取得、2009年自身の名を冠するレストランとしてリニューアルオープン。 ※アルテリーベ代表 日比生猛氏 1972年パリ生まれ。上智大学法学部卒 フランスに10年滞在。大学卒業後、フランスのルーアンの商業グランゼコールを卒業。96年に帰国後、アルテリーベを父から引き継ぎ、2000年にリニューアルオープン。

(取材=田村 真理子)

店舗データ

店名 アルテリーベ横浜本店
住所 神奈川県横浜市中区日本大通11 1F
電話 045-222-3346
営業時間 11:30~15:00 、17:30~22:00(L.O.)
定休日 みなとみらい線日本大通り駅よりすぐ、 JR関内駅より徒歩5分
関連リンク フィリップ・ゴヴローフェア
関連リンク アルテリーベ

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.