飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

広尾のスイーツバー「BON Sweets & Smile」が発信するチュロス専門店「CHURRO☆STAR(チュロスター)」が、4月3日、広尾にオープン!


スイーツバー「BON Sweets & Smile(ボン スイーツ&スマイル)」などを手がけるジー・エー・シード(東京都品川区、代表・永田良平氏)と、有限事業組合debon project(所在同じ)は、4月3日、広尾商店街から1本入った場所に、スペインの焼き菓子「チュロス」の専門店「CHURRO☆STAR(チュロスター)」をオープンした。 コンセプトは、「パティシエのつくるチュロス」。約一年前から永田氏を中心に新事業の計画が持ち上がり、そこにはまったのが素朴な焼き菓子であるチュロスだった。永田氏が実際にスペインへ食べ歩きに行くなどして味づくりを研究し、系列の「製菓工房 BON Sweets&Congrats!」パティシエールらの協力によりレシピを完成させた。同店のチュロスは、水と粉のみでつくるスペインのレシピとは異なるオリジナル。セモリナ粉に上新粉などを加えてモチモチ感を出したり、まわりにまぶす砂糖にはブラジル産オーガニックシュガーを使うなど、パティスリーの目線で商品開発を行ない、日本人好みの味に仕上げている。チュロスは5種類で、「オーガニック・シュガー」「シナモン・シュガー」(各180円)と、中にソースが入ったフィリングタイプの「キャラメル」「ミルク」「チョコレート」(各250円)を用意。さらに、夏場はチュロスだけでは難しいとの考えから、北海道岩瀬牧場直送の「ソフトクリーム」(300円)も導入。濃厚ながら後味はさっぱりとした、チュロスを刺しチョコレートソースをかけた「チョコ・チュロ・サンデー」や、ホット・チョコレートとチュロスのセット「チュロ&チョコレート」(各520円)なども提供する。 店舗は7.5坪で、コンセプトカラーの赤と白をベースにしたかわいらしいデザインが遠目からも映える。店頭にはガラス張りの厨房を設け、スペイン直輸入のチュロスマシンで揚げる様子が外からも見えるのが楽しい。基本的にはテイクアウトがメインだが、イートインも4席用意。今後は直営に加えFC店舗展開を行なっていく予定だ。 ほかにも、昨年9月に新三郷ららぽーとに日本発上陸した「サン・ヒネス」、カップケーキの人気店「チャプチーノ」が手がけるチュロス専門店がオープンするなど、昨年頃からチュロス専門店が増加している中での出店となった「チュロスター」。チュロスの本格的なブームが来る日も遠くなさそうだ。

(取材=河森理恵)

店舗データ

店名 CHURRO☆STAR(チュロスター)
住所 東京都渋谷区広尾5-18-2
アクセス 東京メトロ広尾駅から徒歩3分
電話 03-6450-4875
営業時間 11:00~19:00
定休日 無休
坪数客数 7,5坪・4席
客単価 400円
運営会社 有限事業組合debon project
関連リンク BON Sweets & Smile
関連リンク ChurroStar

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.
Sitio web optimizado por: Diseño Web
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Plugin WordPress Maintenance