飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

ドリームコーポレーションのマフィン専門店「She Knows Muffin」エキュート品川店が12月10日、メニューを大幅リニューアル

和マフィン「抹茶あんこ」
惣菜マフィン「トマトバジル」

ドリームコーポレーション(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:林浩喜氏)は、手作りマフィン専門店「She Knows Muffin(シーノウズマフィン)」エキュート品川店にて、12月10日、メニューの大幅リニューアルを図る。
これまで同店では、洋風お菓子風のマフィンを定番に揃えていたが、今回は新たに「和マフィン」や「惣菜マフィン」といった新ジャンルのメニューもラインナップしたのが特徴だ。
例えば「和マフィン」では、女性に人気の豆乳を生地に練りこみ、さらに豆乳のクリームを絞り込んだ「豆乳くりーむ」(210円)や、香り高い黒ごまをふんだんに使用した、もっちり食感の和マフィン「黒ごま」(180円)などの3種を投入した。(ちなみに写真右は抹茶あんこ)
さらに「惣菜マフィン」では、サーモンと相性抜群のクリームチーズをトッピングした「サーモン&クリームチーズ」(230円)や、バジルの生地にプリトマトをトッピングした「トマトバジル」(210円 写真右)など4種を用意。
従来のマフィンも濃厚な味わいにこだわった「スウィートマフィン」として新メニューをプラスして魅力を強化。例えば、少量の塩で甘さを強調し、生地にもクリームにも濃厚なキャラメルを使用し「ミルクキャラメル」(210円)や、濃厚な甘さの完熟バナナを贅沢に使用した朝食にもぴったりの「濃厚バナナ」(180円)をラインナップする。
同社・広報担当者は、このようにバリエーション豊かに商品を揃えた理由を次のようにコメントする。
「“洋風の軽食”というイメージが強かったマフィンですが、今回は和風に仕上げたり、惣菜風にも仕上げました。エキュート品川店は乗降客100万人弱が利用すると言われるエキナカの店舗で、若い女性客も非常に多く、おやつや食事など、さまざまなニーズが潜在的にあるので、バリエーション豊かに刷新しました」。
同社ではマフィン専門店「She Knows Muffin」2店舗を展開するほかに、ベーグル専門店「BAGEL & BAGEL」を70店舗、パブ業態「Drunk Bears」4店舗、カフェ業態「Chelsea Cafe」3店舗なども展開している。集客力のあるエキュート品川店の売れ筋動向を、他店の商品ラインナップにも生かしていく考えだ。

店舗データ

店名 She Knows Muffin エキュート品川店
住所 東京都港区高輪3-26-27 JR東日本品川駅構内 ecute品川店 1F
坪数客数 7坪
客単価 700円
運営会社 株式会社ドリームコーポレーション

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.