飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

DDグループのゴールデンマジックが11月19日に「熱中屋」駒込店、12月2日に新横浜の6店舗複合店「居酒屋アリーナ」をオープン!


DDグループで“居ぬき物件”に特化しているゴールデンマジック(港区東新橋、代表取締役社長・山本勇太氏 写真右)の出店が相次いでいる。
11月19日には駒込駅前に「九州 熱中屋 駒込店」をオープン。「熱中屋」ブランドとしては品川の店に引き続き2店舗目となる。同店は品川の店と同様に、“活気酒場”がコンセプト。しかし「品川の店とは基本的にハードが違うので、駒込店には生簀は設置していません。鮮魚料理を看板メニューのひとつに掲げている点などは同じです」とDDグループ広報部。
例えば春はサワラ、夏は鮎、秋はサンマ、冬はブリなどの旬の鮮魚を使用。12月~2月は醤油をはじくほどに脂がのったブリを使用した「寒ブリのお刺身」490円(写真右上)、「ブリかまの塩焼き」590円、「絶品ぶり照り」780円、「寒ブリ竜田揚げ おろし葱ポン酢」550円などを揃えている。
ほかに九州各地の郷土料理も充実。鉄板からはみ出すほど巨大な餃子「名物“新”博多一口鉄板餃子」1人前580円、高菜と紅生姜をアクセントに使った「宮崎名物チキン南蛮 高菜タルタルのっけ」690円などを用意。「海老すり身の水餃子」490円は、豚骨紅生スープ・マーラー坦々・明太クリームソースの3種のスープから選ぶことができる。
一方、12月2日には新横浜に居酒屋テーマパーク「新横 居酒屋アリーナ」をオープンした。約87.5坪の面積に以下の6店舗を配置した店舗集合型の“横丁風”施設だ。

① 三丁目の勇太(やきとん・レバ刺し)
② 九州 熱中屋(九州料理)
③ 新橋 シャモロック酒場(青森地鶏・地酒)
④ 活金水産(鮮魚居酒屋)
⑤ ビストロ 竹内(洋食ビストロ)
⑥ 立ち呑み 控え室(立ち飲み)

中でも同社にとって初の洋食業態となるが「ビストロ 竹内」。980円のワイン飲み放題を目玉に、380円~590円のお手ごろなピザ、パスタ、タパスといったスペイン料理などを揃える。客単価は2800円を想定しており、“がぶ飲みワイン”が好きな20代~40代のOLやサラリーマンをターゲットにしている。
ほかに、生簀から引き上げる活いかや魚介類の浜焼きを提供する鮮魚居酒屋「活金水産」や、B級ご当地グルメを揃える立ち吞みハイボール酒場「立ち吞み 控え室」も同社にとっては初のブランドとなる。店名にもあるように、「立ち吞み 控え室」で“控え飲み”をしてから、施設内のほかの店舗を2軒、3軒…と“はしご”するといった長時間滞在の回遊利用も大いに期待できる。
約87.5坪の物件に1店舗を出店するのではなく、6つの小規模店舗を集合させた理由を、DDグループ広報部は次のように説明する。
「これまでDDグループでは、池袋や上野といった巨大ターミナル駅周辺で『お伽噺』や『しのばず屋別邸』などの複合施設に挑戦してきました。これらの業態はレストランやダイニングなどが中心でフードテーマパーク的な要素が強かった。しかしゴールデンマジックでは“大衆的な活気酒場”をテーマに掲げているので、今回は大衆居酒屋を中心とした複合体横丁となりました。つまりDDではできなかったことに新しく挑戦したというわけです」。
ゴールデンマジックでは11月だけで計8店舗をオープンしており、2009年12月の時点で合計12店舗の布陣となった。

店舗データ

店名 活気酒場 九州 熱中屋 駒込店
住所 東京都豊島区駒込1-34-2 ヒルクレスト駒込B1階
アクセス JR山手線駒込駅北口、地下鉄南北線3番出口より徒歩1分
電話 03-3946-5181
営業時間 平日16:00~04:00(L.O.03:00)、土日祝~23:00(L.O.22:00)
定休日 無休
坪数客数 28坪65席
客単価 3500円
運営会社 株式会社ゴールデンマジック
関連リンク 活気酒場 九州 熱中屋 駒込店
関連リンク 新横 居酒屋アリーナ
関連リンク 株式会社ゴールデンマジック
関連ページ 山本勇太氏インタビュー

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.
Sitio web optimizado por: SEO Valencia
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Plugin WordPress Maintenance