飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

オープン4ヶ月で、リピーター率9割以上!代々木の隠れ家トラットリア「La libera(ラ・リベラ)」が話題沸騰中!

温厚な人柄の宮崎シェフ

2009年5月21日オープンの「La libera(ラ・リベラ)」は、今口コミで話題の注目店。鎌倉在住のシェフ自ら買いつける有機野菜、佐島漁港の魚介類をふんだんに用いた季節のイタリアンが評判で、リピーター9割以上という支持を得ている。
オーナーシェフの宮崎勝仁氏は、1976年徳島県生まれ。和食からイタリアンに転向し、大阪の人気イタリアン「ポンテベッキオ」で修業ののち、渡伊。「ロカンダ・ヴェッキア・パヴィア」(一つ星)など星付きレストランで修業するかたわらイタリア全土を食べ歩き、帰国後は「トラットリア・アルコバレーノ」(赤坂)料理長、「リストランテ・ヴィオレッタ」(銀座)料理長を経て、2009年5月21日、自身の誕生日に「ラ・リベラ」をオープンした。
お店の売りは、新鮮な鎌倉野菜や魚介類を使った、身体にやさしいイタリアン。ピエモンテ・ヴェネト・リグーリアなどの北イタリアの郷土料理を得意とする宮崎シェフの感性が光るオリジナル料理が評判だ。10種類以上の野菜を盛り込む「鎌倉野菜のバーニャカウダ」(900円)や、その日の魚介で作るアクアパッツアなどをはじめ、梅エキスを飼料に混ぜることで抗生物質などを与えずに育てた「天草梅肉ポーク」や、狩猟人から直接仕入れるシカ、イノシシなどのシビエをつかった肉料理も用意。生産者の顔の見える素材にこだわりつつ、アンティパスト(500円~)、プリモピアット(1,150円~)、セコンドピアット(1,600円~)、シェフおまかせコース(3,950円、5,250円、7,350円)、イタリアワインはグラス600円~、ボトル40種(3,500円~)と、リーズナブルな価格設定も人気の理由だ。
さらに、「アニョロッティ・プリン」や「ガルガネッリ」など、修業した北イタリアを中心とする手打ちパスタも人気メニュー。イタリア産小麦粉や、通常の卵の4倍の鉄分を含む「アトムくん」などの厳選素材を用いた手打ちパスタを、常時6~7種類揃えている。「会社帰りにふらっと寄れて、仲間でワイワイ楽しめる普段使いのイタリアンを目指しています。お店のメンバーは皆お客様との会話も大好きなので、食べるのが好きな人にはぜひ気軽に来店してもらいたいです」と宮崎シェフ。予約が取りにくくなる前に訪れたい名店だ。

店舗データ

店名 La libera(ラ・リベラ)
住所 東京都渋谷区代々木1-23-7 第三瑞穂ビル1F
アクセス JR・都営大江戸線代々木駅より徒歩3分、小田急線南新宿より徒歩5分
電話 03-3375-6422
営業時間 ランチ11:30~14:30 ディナー18:00~23:00
定休日 日曜・祝日
坪数客数 15坪・17席 
客単価 ランチ 850円~、ディナー 4,000円~
関連リンク ラ・リベラ

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.