飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

契約農家直送の新鮮野菜が売りのカジュアルなアジアンダイニング「Asian Healthy dining Glamorous(アジアンヘルシーダイニング グラマラス)」が7月1日、青山にオープン!


契約農家直送の有機野菜が楽しめるダイニング「旬菜Tsukiji HARUTA」を経営する株式会社Delithy(東京都中央区銀座、代表取締役・藤田悟氏)は、7月1日、アジアンテイストの新業態「Asian Healthy dining Glamorous」をオープンする。場所は、青山通りから一本入った路地裏のビル地下1階。店舗デザインは、「RIGOLETTO」なども手がけたデザイナー・佐野岳氏が担当した。地上から吹き抜けの階段を降りた入口付近は、キャッシュオンでビールやサテ(アジアの串焼き)を楽しめるテラススペース。立ち飲みも可能なフルオープンのカウンターを設置し、アジアの屋台さながらのカジュアルな雰囲気を演出している。一方、内装は、木目調の壁にタイシルクがきらめく、モダンで落ち着いた雰囲気。テーブル席や小上がり席など、雰囲気の異なる28席を設けている。メニューは、「スパイシー&ヘルシー」をコンセプトに、タイ料理を中心とするアジア料理全般を提供。タイ料理の味の決め手となるハーブなどは、国内の契約農家に依頼した国産のフレッシュなものを使用し、現地の味を再現する。夜のアラカルトは、「ポピアソット(季節やさいの生春巻き)」(400円)や「ヤムウンセン(産直野菜と春雨のヘルシーサラダ)(850円)、「パットカナームークローブ(ケールとカリカリポークのにんにく炒め)」(950円)「カオパットパッカナー(青菜のタイ風チャーハン)」(950円)など、常時30種類以上。野菜がメインのため、メニューは仕入れによってこまめに入れ替え、旬のおいしさを堪能させる。また、ドリンクは、気楽にぐいっと飲めるアジア各国のボトルビール(10銘柄以上、600円~)が看板商品。女性向けに、カクテル各種(700円~)やアジアンワイン(ボトル2,500円~)、アジアンスピリッツ(500円~)なども幅広く用意している。さらに、15時までのランチタイムには、「香る彩りやさいの汁ビーフン・生春巻き付き(センレク ナーム)」(850円)や、「日替わり産直野菜のスパイシーサラダランチ(日替わりヤム)ジャスミンライス、生春巻き、スープ付」(1,000円)といった野菜メインのヘルシーランチを提供するほか、テラスカウンターを活用してのテイクアウト弁当(500円前後)の販売も予定している。ターゲットは20~30代の若い女性で、夜の客単価は4,000円だ。代表取締役社長の藤田悟氏は、1974年生まれ。グローバル・ダイニングで「お台場 権八」の2代目料理長を務め、業態開発にも貢献。その後、新川義弘氏率いる株式会社HUGEでは、1号店の「吉祥寺café LIGORETTO」で店長を務めるなど、話題店づくりに関わってきた人物。2008年11月、株式会社Delithyを設立し、現在は「旬菜Tsukiji HARUTA」を経営する。今回の新店Glamorousのコンセプト、料理、ロゴデザイン等の全般プロデュースを手がけるのは、グローバル・ダイニング時代からの仲間である同社取締役の佐藤慎也氏。同社では、早ければ年内にも3号店の構想を立てているという。 

店舗データ

店名 Asian Healthy Dining Glamorous(アジアンヘルシーダイニング グラマラス)
住所 東京都港区南青山3-8-2 青山OGビルB1
電話 03-6459-2578
営業時間 11:30-23:00(フードL.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
ランチ11:30-15:00
定休日 無休
坪数客数 17坪+テラス8坪・28席(スタンディング有)

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.