飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

入手困難な「堂島ロール」の新コンセプトショップ「baby Mon chouchou(ベビーモンシュシュ)」が6月17日、大丸東京店にオープン!


現在、最も入手困難と言われる幻のロールケーキ「堂島ロール」で知られる「パティシェリーモンシュシュ」(大阪府北区堂島浜、代表取締役・金美花氏)は6月17日、姉妹ブランドとなる「baby Mon chouchou(ベビーモンシュシュ)」をオープンした。場所は、大丸東京店の1階、スイーツフロア。コンセプトは、“サプライズ&スマイル”。訪れるたびに新しい感動があり、見ているだけでも笑顔になれるハッピースイーツが商品開発のテーマだ。店名の“ベビー”には、無条件なかわいさとハッピー感、愛と未来という意味が込められており、ベビーピンク色のショップカラーに描かれた白い羽根模様は、未来にはばたくさまをイメージ。「ロールケーキの新たな可能性を追求したい」という同社の方向性を示すように、ショーケースにはカラフルな彩りのケーキが並ぶ。商品構成は、「カットロール」13種(380円~)、「ロールケーキ」7種(1,680円~)、「デコレーションロール」1種(2,940円)が看板商品。ふわふわのスポンジと真っ白な生クリームのシンプルな堂島ロールをベースに、フルーツやチョコレート、ナッツなどを用いた豊富なバリエーションが特徴だ。「カットロール」は、輪切りにしたロールケーキにフルーツやクリームをデコレーションした食べきりサイズ。ラズベリーロールに生クリームと羽根を飾った「ピンクエンジェル」(400円)、フルーツロールに生クリームとオレンジを飾った「ナンシー」(420円)、ショコラロールにナッツやチョコレートを飾った「レイナ」(450円)など。天使を思わせるネーミングも印象的だ。一方、「ロールケーキ」では、堂島ロールをベースにフルーツと生クリームを巻き込んだ「フルーティーローリー」(1,680円)、抹茶味の「グリーンティーローリー」(1,680円)などのほか、堂島ロールをベースにしたピンク色のストライプ生地に、生クリームと苺を巻いた「ミファ」(1日限定50本、1人1本限り・1,780円)などの限定商品も販売する。加えて、筒のままカットしたバームクーヘン「幸福の輪」(袋入りS950円、L1,470円)や、ハート型のカラフルなフィナンシェを盛り合わせた「ハートのフィナンシェ」(4個入り1,050円、8個入り1,980円)、コンフィチュールや紅茶などのギフト向け商品もそろえ、手土産需要の多い東京駅のお客にも対応する。モンシュシュは現在、大阪の本店をはじめ、名古屋、東京など11店舗を展開しているが、「堂島ロール」目当てのお客で連日長蛇の列をつくる超人気店。東京大丸店1階には、同じく行列を作るバウムクーヘンの「ねんりん家」や、日本初出店のショコラトリー「ボワシエ」などが出店しており、同店も行列覚悟の人気店になるのは確実と見られる。 

店舗データ

店名 baby Mon chouchou(ベビーモンシュシュ)
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店1F
電話 03-3212-8011(代)
営業時間 平日10:00-21:00、土・日・祝10:00-20:00
定休日 年中無休(元旦を除く)
関連リンク パティスリーモンシュシュ
関連リンク 大丸東京店
※店舗情報は取材当時の情報です。最新の情報は店舗にご確認ください。

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.