飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

ヘッドライン

全国で話題のインスタントラーメン専門店「gold7TOKYO(ゴールドセブントーキョー)」が、原宿・竹下通りに7月18日オープン!


「UNICO」「ikra」「恵比寿駅前バー」など、恵比寿ドミナントして5店舗の飲食店を運営する株式会社フォーム及び有限会社エーライツ(渋谷区恵比寿南、代表取締役・中川徳章氏)は、 全国で話題のインスタントラーメン専門店の秋葉原「インスタントラーメンさくら」をビルの都合により移転し、新たに「GOLD7TOKYO(ゴールドセブントーキョー)」として原宿竹下通りに7月18日オープンした。店名にもあるように、店内は金色を貴重にしたデザイナーズ。黄金の壁や屏風ほか、店内中央には金の茶室をイメージしたという箱型の仕切りのあるテーブル席も。また、30cmの正方形のレンタルボックスも100箱用意し、アーティストなどに一ヶ月3,000円で貸し出すのも特徴。棚には北海道から沖縄まで全国、一部海外からも集めた300種類以上のインスタントラーメンが並び、持ち帰るか、ネギ、メンマ、もやし、チャーシューの基本トッピング付きで280円で調理してもらうシステム。なかには、同専門店の系列でしか流通していない「さくらラーメン(醤油・みそ・つけめん・担々麺)」(180円)特製タワーダレの「東京タワー麺」(220円)、途中で味付けを変更することができる「アキバ系変身ラーメン」(200円)などオリジナルや、ラーメンだけでなく、うどん、そば、焼きそば、冷し中華なども揃えている。追加トッピングは、海苔、コーン、キムチ、バターが各50円、煮たまご、野菜炒め各100円、チャーシュー2枚、野菜炒めダブルが各150円。インスタント麺は100円~350円までで、チキンラーメンに至っては190円から食することができるが、自宅やプレゼントなどに買って帰る人も多く、客単価は1,000円。17時以降は夜メニューとなり、からあげや冷奴といったつまみ系や、ラーメンを食した後、残ったスープで茶碗蒸し(200円)にしてくれたり、ラーメンスープを使った、麻婆豆腐(450円)など同店ならではのメニューもある。ドリンクは、ソフトドリンク各種200円、缶ビール380円、発泡酒280円、日本酒と焼酎が380円で、食事やドリンクメニューも、客の要望も聞きながら随時増やしていくという。テーブルには駄菓子が置いてあり、無料で自由に食べることができるなど、子供から大人まで楽しめる店となっており、土日は若年ファミリー層の利用も多いという。2006年1月新薬師寺に誕生したインスタントラーメン専門店は、メディアの注目も集め、現在系列店だけで中野、秋葉原(閉店)、光が丘、栃木、大阪、京都と全国に広がった。7店舗目となるこの「GOLD7TOKYO」も、流行発信基地である原宿・竹下通りで、注目の新たな観光名所となりそうだ。 

店舗データ

店名 GOLD7TOKYO (ゴールドセブン)
住所 渋谷区神宮前1-21-15 ナポレ原宿ビル2F
電話 03-3408-1452
営業時間 11:30-24:00(L.O.23:30) ;火・土・日のみ20:00閉店
定休日 不定休
坪数客数 14坪 14席(カウンター6席・テーブル席8席)
関連リンク GOLD7TOKYO
関連リンク 有限会社エーライツ

 >> 大きな地図を見る

ヘッドライン一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.
Sitio web optimizado por: Posicionamiento en Google
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Plugin WordPress Maintenance