飲食店・レストランの“トレンド”を配信するフードビジネスニュースサイト「フードスタジアム」

注目店クローズアップ

21世紀の食糧危機の救世主!?高田馬場「米とサーカス」で、7種類の昆虫を使ったメニューを提供する「昆虫食フェア」が3月下旬まで開催中

同店のコンセプトは見世物小屋にインスパイアされて作られている
古民家風の作りとカラフルな内壁は、新しい体験ができそうだという高揚感を掻き立てる
「6種の昆虫食べ比べセット」(1,200円)は、昆虫食の魅力を一皿で堪能できる
「アリチャーハン」(900円)では、ゴマなどの調味料感覚でアリを味わえる
同社でPRを担当している宮下慧氏

2015年国税調査の速報値で、日本の人口が1920年の統計開始以来、初めて減少した。一方、2015年の世界人口は、国連の統計でおよそ73億5000万人となり、2050年には97億人を突破することが予想されている。地球は、100億人近い人類の食料を養うことができるのだろうか。現在、人口爆発の結果、引き起こされる可能性がある「食糧危機」に注目が集まっている。

日本も例外ではない。国内の食料自給率(カロリーベース)は、農林水産省の発表によると、1960年代から減少を続け、2014年には39%となった。多くの食料を輸入に頼っているため、国を挙げて自給率の向上を目指しているが、芳しい成果はまだ出ていない。もし、世界的な食糧獲得競争が起これば、その被害を最も受けるのが日本だろう。こうした中、食糧危機の打開策として、クローズアップされているのが昆虫食である。

まだ実験的な要素も大きい昆虫食であるが、宮下企画(東京都新宿区、代表取締役 宮下正徳氏)が展開する高田馬場の「獣肉酒家 米とサーカス」では、3月下旬まで「昆虫食フェア」を開催している。期間中は、和食などにアレンジされた昆虫を使ったメニューを提供していく。その狙いについて、同社でPRを担当している宮下慧氏は「昆虫には、肉と同様のタンパク質やミネラルが豊富に含まれていて、脂肪分については肉よりも良質だと言われています。また、小規模な土地で飼育ができるため、環境への負荷を抑えたまま供給体制を整えることも可能です。まさに昆虫は、21世紀の食糧危機を救う可能性を秘めているといえるでしょう。現在、世界で少なくとも20億人が、昆虫を食生活の一部に取り入れています。しかし、かつて日本でも、イナゴや蜂の子、カイコ、セミなどが日常的に食べられていました。アジア、アフリカ、南米などで1900種以上食べられている昆虫を、再び日本で広げる機会にしていきたいと考えています」と話す。

期間中に提供されるメニューは7種類である。ラインアップは、「6種の昆虫食べ比べセット」(1,200円)と「イナゴの佃煮」(470円)、「カイコの茶碗蒸し」(480円)、「スズメ蜂の子の甘露煮」(500円)、「サソリネギマ」(500円)、「アリ卵の出し巻き玉子」(700円)、「アリチャーハン」(900円)という内容だ。

まず「6種の昆虫食べ比べセット」には、イナゴ・バンブーワーム・コガネムシ・カイコ・サソリ・ゲンゴロウの6種類の昆虫が並ぶ。しっかりと炒められたイナゴは小海老と似た食感を楽しめ、バンブーワームはフライドポテトのようにスナック感覚で食べることができる。また、中国では4000年前から王族が食していたというサソリは、コリコリとした強い歯ごたえがあり、香ばしい味わいがクセになりそうだ。そして、ゲンゴロウは外骨格を噛み砕いた後、柔らかい身にぶつかると、淡い苦みが口全体に広がっていく。辛口の日本酒などとの相性が抜群に良いという。

次に、アラカルトのメニューであるが「カイコの茶碗蒸し」は、出汁の効いた茶碗蒸しの中に、数匹のカイコが丸ごと入っている。柔らかく蒸されたカイコは、甲殻類のような味わいで、豊かな風味を堪能できるだろう。「アリ卵の出し巻き玉子」は、白い小粒のアリの卵が食感に変化をもたらしており、まろやかな甘みが出し巻き玉子に奥深さを加えている。

そもそも同店では、オープン以来、エゾ鹿・猪・馬・熊などのジビエ料理を提供してきた。野生の鳥獣を丁寧に調理し、自然の素材に対する敬意を持っていたため、昆虫食に対する抵抗も少なかったという。それは来店する客も同様で、積極的に同店の提案する昆虫食を楽しんでいるそうだ。今後のビジョンについて、宮下氏は「当初、『昆虫食フェア』は3月6日までの開催を予定していました。しかし、大変好評を頂いたこともあり、3月末まで延長をする予定です。今後、さらにクオリエィを上げて、新たな昆虫食フェアを開始することも考えています。昆虫の新たな可能性を、当店から世の中に広げていければ最高ですね」と語る。4月から、同店では「深海魚フェア」を開催する予定だそうだ。人口爆発で食糧危機を迎えようとしている今、同店から新しい食の可能性が広がっていくかもしれない。

(取材=三輪 大輔)

店舗データ

店名 獣肉酒家 米とサーカス
住所 東京都新宿区高田馬場2-19-8
アクセス 山手線・東西線・西武新宿線「高田馬場」駅から徒歩1分
電話 03-5155-9317
営業時間 17:00~翌5:00
定休日 なし
坪数客数 17坪 65席
客単価 3,000円
運営会社 株式会社宮下企画
関連リンク Facebook
関連リンク 獣肉酒家 米とサーカス(HP)
関連リンク 宮下企画(HP)

 >> 大きな地図を見る

注目店クローズアップ一覧トップへ

食べログ掲載店募集中

飲食施設の分煙環境整備補助金の取り組み
Copyright © 2014 FOOD STADIUM INC. All Rights Reserved.